腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の症状別痛みの取り方2

FrontPage

腰痛の症状別痛みの取り方2

  • 左右に腰を曲げると痛みが出る場合
    痛みと反対側の側腹筋が伸にくくなっているので伸びにくい筋肉を
    マッサージします。

痛みが曲げる側に発生する場合も同じことが言えます。

マッサージは、湯船の中で温まってから側腹筋を摘むようにして
強くつまみ緩める方法で行います。

腰が痛くなくても時々左右の側腹筋を摘んで厚みと固さをチェックして
いると、腰痛の予防になります。

  • 床に座ると腰痛が出る場合(腰が痛い場合)
    床など硬い平らな所に座ると腰が痛む場合は、腰の前後の湾曲が
    少なくなっている為で、その分余計に腰の筋肉に負担が係り痛みが
    出ています。

毎日寝る前に15分座布団を2つ折りにして、腰の下に置き腰の湾曲を
正常な状態に戻しましょう。

時々は体を反らせる運動も忘れずに実行する必要がります。

毎日の生活でも、思い出したら腰を反らせる事で少しづつ正常に戻す
事が必要です。

  • 柔らかい椅子でも1-2時間で腰痛が起こる場合
    背筋が弱くなり背筋を伸ばして1時間居られなくなると腰痛が
    出てくることが有ります。

同時に腹筋も弱くなっているので、背筋と腹筋を訓練する必要があります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional