腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の部位と足指の関係

FrontPage

腰痛の部位と足指の関係

腰痛と一口にいっても腰のどの部分が痛むかによって
対策が異なります。

腰の中央付近が痛む場合は、椎間板ヘルニアで無い限り
足指の親指を動かす筋肉に影響されているので足の親指を
運動する事で痛みを取り、予防する事が出来ます。

腰の左右の中間(大殿部)の痛みは、足指の同側の人差し指、
中指、薬指で同じ様に取る事が出来ます。

腰の外側が痛む時には、足の小指を運動する事で痛みを
取る事が出来ます。

この様に、腰と足指は関係が深いので足指を締め付ければ
当然腰痛になる訳です。

足の指を前後に曲げて強く引っ張るとぽこんと音がして
腰までの筋肉の血行が盛んになります。

この腰の筋肉が指によって異なるので腰痛の部位により
特定の指の運動で、痛い部位の筋肉がほぐれ痛みが低減する
訳です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional