腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛クッションを使う

FrontPage
腰痛クッションを使う

腰痛クッションの使い方

腰痛クッションを使う目的で、最も適しているのが
腰痛予防です。

腰の筋肉の疲労を取り、腰の周りの背骨を矯正し自然に
腰に負担のかからない様に背骨を矯正してくれるからです。

肥満で腹が出た人には、あまり有効ではありませんが
普通の人にはかなり効果的に腰痛を予防し、疲労が
出ないようになります。

腹が出た人は、
腹筋を強化した後で使用すると、効果が高くなります。

毎日就寝前15分寝床で腰痛クッションを敷いて上に寝ます。
そうすると、腰の辺りの背骨が正常な状態に戻り
周りの筋肉は緊張から開放され腰痛の原因を取り去って
就寝できます。

毎日やる事で、始めは筋肉が引っ張られる様な感じがしたのが
やがて楽になる状態まで続ける必要があります。

逆に、腹筋側は引っ張られて筋肉の強化が楽に出来るようになります。

期間にして、3ヶ月をめどに実行してみてください。

以後は、続けるのが理想ですが、疲れた時とか座る時間が
多かった時などに実行してみてください。

腰がのびやかになり、楽に動作可能な状態に戻れます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional