腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛予防での要点

FrontPage

腰痛予防での要点

腰痛を予防する事を、目的に運動をしている人に対しての
チェックポイントを解説します。

1、特に慢性腰痛の人は多くが、股関節の動きが悪くなっています。

この股関節の動きが悪くなるのは、腰の周りの筋肉が硬くなり
股関節の動きが制限されて居る為で、ここを自由に動くようにすると
腰痛は起こりにくくなります。

それ以外では、
2、腰の前曲が無くなり垂直になっている人が多い事です。

以上の2点を常に注意して、運動によって正常にする事で
誰でも無理なく腰痛の予防が出来ます。

1、先ず股関節の動きを正常に戻す運動は
足の指を使って腰の周りの筋肉を柔軟にし、足の運動で足全体の
筋肉を柔軟にします。
足の指の関節を全て動かす、等足指に関するページを参照)

2、腰の湾曲を前曲させるには
腰にまくらを当てて15分間仰向けに寝る事で、少しづつ
矯正できます。

最初は、辛いですので2-3分から始めて徐々に時間を長くして
15分にしてください。

こうする事で、腰痛が全く起こらなくなる体に変身できます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional