腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛予防と筋トレ

FrontPage

腰痛予防と筋トレ

腰痛予防は、特に筋肉が原因の腰痛には最適ですが、ただ筋肉を強くするだけでは予防になりません。

腰痛は時には腰の周りの筋肉のバランスが崩れても起こるからです。

確かに、腹筋が緩んで腹が出て来ると腰痛になり易くなりますがそれよりも腹の周りの左右の筋肉がバランスを崩すと容易に腰痛になります。

その為、筋トレをする時には前後左右の筋肉のバランスを考えながら筋トレをする必要が有ります。

1か所の筋肉だけを強くしても、腰痛予防にはならないからです。

それから、腰の周りの筋肉に作用する、足の指の運動も必ず行い腰の筋肉を疲労させない事も、腰痛予防には必須の条件です。

幾ら筋力をつけても毎日の日常で腰の筋肉に疲労を蓄積させるのではやがて、腰の筋肉が疲労して腰痛が出てしまいます。

予防は、腰の筋肉を疲労させない様にして初めて根本的な腰痛予防が出来るのではないでしょうか。

人間は2足歩行で行動しますので、足の指の働きは非常に大事です。

それを、現代生活では足の指の働きを殺していますので、生活様式が人体に無理を強いています。

そこに気が付くと、腰痛の根本的な予防が可能になります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional