腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛予防椅子

FrontPage

腰痛予防椅子

腰痛の予防は腰を引いて背筋を伸ばす事で、この姿勢を保てる椅子が
腰痛の予防に最適の椅子と言えます。

それから、椅子の表面はずれたり滑ったりせずに座った
位置と姿勢を保持してくれるものが求められます。

ここまで、出来ると理想の腰痛防止椅子となるのですが
残念ながら、全ての椅子が適してはいないようです。

原因の1つは、場面により異なる事が有るのですが
例えば
机に向かって仕事をする時の腰痛防止椅子では、座る臀部下から
前の膝に向かって少し低くなっている椅子が、長時間の
作業に最適ですが、これでは休息時には疲れます。

逆に臀部のほうが低いと、どうしても猫背の姿勢になり
腰痛防止椅子とはならなくなります。

場面、場面に合わせた腰痛予防椅子を使用するのが、良いのですが
現実には無理ですので、椅子の使い方を工夫してみては
どうでしょうか。

最近の医学研究で、長時間座る姿勢は健康に良くないとの
論文が出ているそうで、なるべく立ち上がって行動する
時間を多用する事で、腰痛防止になるのではないでしょうか。

ただし、会社内でとか会議等の立てない状態の時には、その場で
立ち上がり直ぐに椅子に座るだけでも腰痛防止に効果があります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional