腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛時の入浴

FrontPage

腰痛時の入浴

腰痛時に、炎症を起こしていれば患部が発熱し体に汗をかくので入浴したく
なりますが、そのままいつもの様に入浴すると出た後で、腰痛が更に痛みを
増す様になります。

腰部に炎症が無く、発熱していない場合は入浴により体が温まり、腰痛が
軽くなります。

同じ入浴で結果が正反対になるのは、炎症が有るか無いかの違いです。

炎症が有るか無いかの判断は、幹部に手を当てて他の体の部分より温かなら
炎症が有ると判断したほうが賢明の様です。

では炎症が有る場合の入浴は
湯船に浸かる事は極力避けて、出来ればシャワー程度が後に痛みが出る事を
防げます。

湯船に浸かる入浴は腰痛が治ってからにしたほうが賢明です。

炎症の無い腰痛は湯船にゆっくり浸かって体の芯から温まりましょう。

それが腰痛を鎮め予防する最も良い方法だからです。

ここで言いたいのは、腰痛患部がどうかと言う事で腰痛の治し方が全く異なる
ので、自分で判断できる様になって頂きたいと言う事です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional