腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛治療と電気治療器

FrontPage

腰痛治療と電気治療器

今腰痛の時に電気治療器を使う場合は、先ず炎症が無いか確認してからの
使用をお勧めします。
 
 
もし炎症が有れば、腰痛は電気治療器で更に痛みが増すからです。
 
 
腰に炎症が有るかは触ってみて他より温かければ炎症が有ると
判断出来ますが、他と同じ場合でも少し動く事で、発熱したりするのが
判断が難しい所です。
 
 
その場合には、膝から下を電気治療器で治療する事をお勧めします。
 
 
 
電極を当てる場所は、

  • 外踝の後方と膝の外側
  • 内踝の後方と膝の内側
  • 踝の中央と膝の皿の下方
     
    これで、腰痛が軽くなります。
     
     
    この方法は、筋肉が原因の腰痛の場合で、ぎっくり腰等には
    あまり効かない様です。
     
     
    電気治療器の最も良い使用法は、腰痛を予防する手軽な方法です。
     
     
    先にあげた3か所と、腰の筋肉を1周1回電気治療器で治療して置くと
    腰痛になるのを防ぐ事が出来ます。

腰の周りの筋肉を電気治療器で、治療する場合は前後左右の筋肉を
均等に刺激してください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional