腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛防止と日常の癖

FrontPage

腰痛防止と日常の癖

多くの人が椅子等に座ると、足を組む様ですがこの脚を組む時に
必ず右足か左足を上にします。

これは、上にする法の足の股関節が正常でない側です。

こうすると、股関節はますます不正常な状態を保持して腰痛の原因
持つ事に繋がります。

逆に無意識に上に上げる足とは反対側の足を上にあげると左右の足が
バランスを保ち、腰痛を予防してくれます。

人間の体は、左右が均等なら問題が起こり難い様です。

特に腰は、筋肉だけで均衡を保っているのでその傾向が強く
筋肉バランスが崩れただけで腰痛になります。

日常の癖が腰痛を誘引している事は、多くの腰痛が筋肉が原因で
起こる事から避けて通れない問題です。

皆さんはどうですか?

腰痛が出ると、下半身の血行が悪くなり冬の冷えで直ぐに腰痛を
感じていませんか?

足は、冷やさないようにしていますか?

それも、腰痛予防の効果的な防止法です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional