腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

若い女性の腰痛

FrontPage

若い女性の腰痛

若い女性の腰痛は、学業中はそれほど多くありません。

学業を終えて、社会に出て2-3年以後に出始めます。

学業中は、踵の低い靴を履いているので腰の筋肉に負担をかけないのですが
卒業後は、ハイヒールを履き続け足の指が変形する位になるので
腰痛が出て来ます。

ハイヒールを履くと、膝が曲がり続いて腰が曲がってきます。

本人は気付きませんがそれが自然な姿になります。

その為に、腰痛が起こる訳ですが同時に、アキレス腱が少し縮んで
膠原病になる恐れさえ出て来ます。

ハイヒールを履くのを止めるのが若い女性の腰痛には必須の条件ですが
同時に、ローヒールでも健康には長い目で見て最適とは言えません。

ヒールの有る靴は長い目で見れば、アキレス腱を縮めて、腰痛の原因
作るからです。

健康靴と言うのが有りますが、これは歩いているうちに自然に
腰の周りの筋肉がゆるみバランスが取れて、腰痛が起こらなくなる
靴です。

健康靴は、足指を締め付けない、土ふまずを保護し足の横方向の湾曲を
保護して踵は低くなっています。

これが理想の靴ですが、日本製には皆無なので残念ですが、
しかたがありません。

最低限、踵の低い靴を履く事で腰痛を予防し若さを満喫してほしいものです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional