腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

足が原因の腰痛の予防法

FrontPage

足が原因の腰痛の予防方法

足が原因と言っても、主な原因は足の指に有ります。

足の指の中で、現在の靴と靴下で最も悪環境下にあるのが
足の親指です。
足の親指は、体の横方向のバランスを取る為に重要な
働きをしていますが、靴で指側(内側)に曲げられて
いる為に、本来の働きを制限されています。
その為、足の筋肉で代用する事になりますが、
不適切な負担が足の筋肉に掛かり、腰の筋肉まで
動員しなければなりません。
結果
腰痛になるわけです。

本来の姿に戻れば、足の親指で済むものを、効率の悪い
足の筋肉で代用していては、腰痛の治療をしても
又直ぐに、腰痛の原因を作り続ける結果になります。

そこで、予防方法は

靴と靴下を履かない

事ですが、これでは外出時や会社で働く人には不都合です。

そこで、健康靴が注目される訳です。

今までの靴は、親指を指側(内側)に曲げる形が大多数
でしたが、健康靴は親指を指側に曲げません。
その為、1日歩いても足が疲れる事が少なく、立ち仕事での
足の浮腫みも無くなります。
それは、足の指が自由に靴の中で動かす事が出来るからです。

指が自由に動かせると、心臓に戻る血液の静脈に血液が
戻り易くなり、血行が良くなり疲れにくくなる訳です。

他の効果は、親指を指側に曲げると、偏平足に近くなります。

そうです。
土ふまずが、下がって偏平足になります。
この予防も同時に出来ます。

靴には、靴下が必需品ですが靴下についても
同じ事が言えます。

最も腰痛防止に良い靴下は、
5本指靴下です。

靴下を履く事に依り足の5本の指が自由に動く事が出来る
様になり、健康靴の真価を十分発揮してくれます。

足の指全体に血液が十分流れると、足が冷えなくなり
冷え性で困っている人達にも役に立ちます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional