腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

足の指が攣るとは

FrontPage

足の指が攣るとは

足の指が攣る原因は、アキレス腱が縮んでいると起ります。

アキレス腱が縮んでいると、腰痛の原因にもなり
腰痛の有る人は、足の指が攣る人が多いようです。

又アキレス腱の縮んだ人で、膠原病の人も多く見かけますので
アキレス腱は、正常に保つ事が必要です。

では、アキレス腱を正常に保つにはどうしたら
いいのでしょうか?

日常生活の注意では

  • 出来るだけ大股で歩く
  • 立ったり座ったりを億劫がらない
  • 1日1万歩以上は歩く

の3点に気をつけて生活していれば、アキレス腱が
縮む事はないでしょう。

では、アキレス腱が縮んでいるか見分ける方法は?

それは、床に御尻をついて座り足を前に投げ出して
足の指を引いてみます
この時

  • 足首が手前に30度まで引ける様なら縮んでいません。
  • 10度位きり引けない人は縮んでいます。

腰痛歴が長い人は、5度位きり引く事が出来ません。

腰痛の人で30度まで引ける人は、腰痛も直ぐ治りますが
5度の人は完治るのに長い時間が必要です。

では、アキレス腱を伸ばすにはどうしたら良いのでしょう?

それは、
アキレス腱を伸ばす運動を実行する事です。

運動法は

  • 階段等、段差の有る所につま先で立ちます
  • 片足づつ踵を下ろして1分位静止し元に戻します
  • 反対の足を同じ様に動かします

毎日続けると1-2カ月でアキレス腱が元道理になり
縮みが取れます。
ここで、注意点は無理に踵を下ろさないで下さい。
それから、いきなり長い時間下ろした状態を保持
しないでください。肉離れ、アキレス腱損傷になります。
あくまで、少しづつゆっくりと行ってくださいね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional