腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

足の指で健康状態を知る

FrontPage

足の指で健康状態を知る

漢方では、手足の指には全ての臓器の重要なツボが有る
と言っています。

足の指には、
膀胱系、胃系、脾系、腎系、胆系、肝系の6つが
有り、内臓の反射が出る部位でもあります。

胃では、他にも背中の6か所に症状が出る事も有りますが
足の指は上記6つの健康状態を知る手掛かりにもなります。
但し、足の関節が全て可動ならばという条件がありますが。

足の指が、生まれた時のままなら、指の運動をすると
何時もと違うと感じ上記の内臓が疲れているので
休ませないとと考えれば、常に健康で病気知らずの
体でいられます。

又、足の指に刺激を与える事で、内臓の働きを
活発にすることも出来ます。

勿論
腰痛が起こる前には、必ず指に変化が現れますので

その時点で現れた指を何時もと同じ様な感じになるまで

運動を集中する事で、腰痛の出る前に治療してしまい
腰痛の発生する事は防ぐ事が出来る様になります。

人間の脳の運動系の分野の40%を手足の動きに
使用しているのは、手足がいかに重要な要素を
持っているかという事を表している訳ですね。

皆さんが、健康を考える時
先ずボケ防止には、手先の仕事をしている人は
ボケない、と言われている事は本当の事です。

それ位大事な、指を靴と靴下で退化させて
病気を作る原因とは、たった今から
断絶する事を御勧めいたします。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional