腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

足の指とアキレス腱

FrontPage

足の指とアキレス腱

足の指とアキレス腱は直接繋がってはいません。

アキレス腱は足首を動かす時には関係ありますが
足の指を動かす時には直接の関係は有りませんが
立って歩く事は、同時に使用している状態です。

同時に使用する事によって歩行という動作が
円滑に行われるので、どちらに問題が起こっても
歩行が円滑に行いにくくなります。
勿論、支障も出てきますので、同時に健康運動を
並行して行うのが御勧め出来る方法です。

人間の体は、1法が良くなると他方を庇って
余分に動いてしまう性格があるようで、同時に
良くなるのでないと、完全な形での健康は
得難くなり、逆に良くなった所が原因で
又不健康になります。

腰痛でも、同じ事で足の指とアキレス腱の両方が
平常に戻った姿が真の健康体になる訳です。

その状態が、腰痛が完治した状態で、再び腰痛再発の
無い、健康体です。

多くの人が、痛みが取れると治ったと勘違いして
治療や運動を止めてしまうのは、残念な事です。

日本では、国民皆保険で医療費が安く気軽に
罹れる為に、こうなったのかも知れませんが
それでは、永遠に健康体には近づきません。

真の健康体を目指して共に歩みましょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional