腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

足の指の動き

FrontPage

足の指の動き

足の指は、手の指の反対方向に通常使われています。

手の指は物を掴んだりする運動が多く、指を反らせるより
曲げる運動が大半です。

これに対し足の指は、歩く時には指を反らせる動作が
多く、大地にしっかりと固定させる時のみ曲げる動作が
加わります。
歩く時は、足を前に出した状態の時指はつぼまり
地面に着くと、広がります。
広がる事で左右のバランスを親指と小指で
支え横に倒れるのを防ぎます。
そして、地面を離れる時に広がり関節で反らされて
地面を蹴って前え重心を移動させ、地面を離れます。
地面を指が蹴る瞬間は、各指で動作が異なります
親指は外側に向かって蹴り、小指は内側に向かって
蹴ります、他の指は並行に蹴ります。

これら一連の動作中、足の指は2回指の開閉が行われる
のが、歩くという動作時に、足の指が行う運動です。

この運動は、足の筋肉から心臓に血液を送り返す役目も
しています。

その為、歩く事は健康に良いと言われていますが、
意味は、これらの運動が行われるという前提です。

歩く事は、足の指の運動が多くを占めている事が
御理解できましたでしょうか?

正常に歩く事が現在では、とても難しくなっている状態で
生活の道具(靴、靴下)の再検討がどうしても必要になって
きています。

  • 指の動きに制限を加えないもの
  • 足にぴったり密着するもの

2点に注意して、足の指を自由に動く状態にすると
腰痛のみならず、体全体の健康に多大な効果があります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional