腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

足の指を自由に動かす

FrontPage

足の指を自由に動かす

足の指を自分の意思で自由に動かす事が、現代人には
難しくなっています。

これは、靴と靴下で足の指が変形され、本来の動作範囲を
制限され、日常は指が動き難い状態に置かれている事が
原因です。

足の指が自由に動かないと、足から心臓への戻りの
血の流れが悪くなります。足の指の動きは血を心臓に
送り返すポンプの役割をしているのです。

そのポンプを止めてしまっていは、足の浮腫みや
疲労物の停滞が起こっても止むを得ませんね。

そこで
解消方法ですが、先ず靴と靴下を健康靴と5本指靴下に
変える事が基本ですが、足の指と足の運動が効果を
発揮します。

先ず、足指の運動です。

1、足を湯に漬けて15分位置いてください。
2、湯の中で親指と小指を握り開く方向に引きながら
指を前後の動かします。
3、20回動かしたら、次は人差し指と薬指を同じ様に
動かします。
4、中指は、回転する様に動かします。

次が、足の運動です。
運動する時の状態は寝た状態で行います。

1、足のつまさきを足指を開いて手前に引きます。
2、つまさきを伸ばします(丁度バレーを踊るように)
この時には、指はつぼめます。

以上の運動は、確実に血を心臓に送り返す働きを
実行してくれますので、毎日運動を実行することにより
自然に血行も良くなります。

以上2つの運動を毎日行う事で、足の全ての関節が
動くようになり、体の健康状態を足の指で判断出来る
様になるので不思議です。

体調が狂う前に、足の指が普段と違うのを感じ、
暫くすると、病気になったり、痛い所が発生したりと
言う事を体験すると、足がいかに大事か理解して
頂ける事と思います。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional