腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

鍼灸が効かない腰痛

FrontPage

鍼灸が効かない腰痛

腰痛で鍼灸治療をするとかえって痛みが増す状態があります。

痛い腰のあたりが体の他の部分より暖かい場合、腰痛によって
発熱、炎症している場合には鍼灸治療をすると発熱が促進され
痛みも増加します。

このような場合は、発熱が治まるまで冷やすか安静にしていることが
良いようです。

確かに、余計に痛みが増してその後痛みは減少しますが、
痛みを増加させるより時間をかけて治すほうが体の負担は
少なくて済みます。

時間が無いか、どうしても短期間に腰痛を解消したい時の
緊急解決策として、使うほうが良いようです。

痛みの治療の原則は
熱がある時は、鍼灸を控えて患部を冷やす事に徹して
炎症を抑える事で痛みを減じる事が良いでしょう。

私も一度発熱時の痛みを取ろうとしてハリ治療を自分の体に
した事がありますが、その晩はひどい発熱で寒気がするくらい
発熱して夏なのに震えがきたことがありました。

まあ、自分の体なので大事にはなりませんでしたが、注意が
必要です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional