腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

高齢者の腰痛治療

FrontPage

高齢者の腰痛治療

高齢者の腰痛は、高齢になり筋力が衰えた為と
慢性の腰痛の2種に分けて治療法を説明します。

1、高齢になってからの腰痛
若い頃は全く腰痛が無く高齢になってから腰痛が起こる場合は
筋力を鍛えるだけで腰痛は取れる事が多いようです。

筋肉の鍛え方は、まず血行を良くする為に

  • 足指の運動(腰の筋肉のこりを取る)
  • 足首の運動(アキレス腱を伸ばす)
    以上を予備運動としてやってから足の筋肉を鍛える運動を
    行ってください。

また、腰痛の予防として上の2項目と、下記の注意事項を
実行して頂くと万全です。

  • 靴下を履かない(足袋か5本指靴下を常用)
  • 靴を履かない(健康靴ならよい)
    これも実行する事で、腰のまわりの筋肉のこりを防いでくれます。

2、昔から腰痛のある人
慢性の腰痛は、長い間に腰椎の骨化を招いている場合があり
こうなると、なかなか治り難い腰痛となります。

そうなると、痛みだけを取る事で我慢しなければならない事も
出てくるでしょう。

痛みを取るには
腰の痛む部位を触って熱い時にはシップし、熱くない時には
温シップをします。

次に
足指を、ひっぱり関節がぽこんと言うまで足指を手で運動させます。

これを、左右の足指10本に行います。

次に
股関節の検査と治療法です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional