目の下たるみ,解消,予防

目の下たるみを解消していつまでも若くて元気に!!

目の下のたるみを温パックで

FrontPage

目の下のたるみを温パックで

市販の貼る温パックを使用して、目の下のたるみを解消する方法は
温パックの小さいものを選んで使用します。

温パックは直接肌に貼りつけるのではなく、必ず布を1枚当ててから
貼りつけてください。

温パックを直接肌に付けると低温火傷をして、大変な事になりますので
くれぐれも注意してくださいね。

温パックを使用する方法は、秋から冬の間の治療に最適で
効果も大きくなります。

貼りつける場所は

  • 目の中央まつ毛の下(両側)
  • 目の中央、目の下8mmの所
  • 足の親指と人差し指の間を足関節に向かってこすり止まった所
  • 手の小指側の手関節下の突起の中央
  • 肩の中央
    の5か所で両側10か所になりますが、各箇所最低5分は温めて
    おいてください。

使用する時間は、入浴前と入浴後の1時間半は避ける事が必要です。

それ以外の時間に行うのならいつでも大丈夫です。

何故入浴時間を避けるかと言うと、入浴により体全体が温められ
温熱効果が無効になるからです。

続ける期間は3週間をみてください。

一つ注意は
火傷をしないように注意してください。
あまり熱く感じる時は、布を厚手に変えたり時間を短縮したりして
火傷をしない様にちゅういしてください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional